Oli Oli MarinAqua

我が家の小さい海の世界、今後どんな事になるやら・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

淋しい・・・

どうも、旦那です。

我が家の真夏で密室、クーラー無しの30cm水槽ですが、ハタゴを出し色抜けしたLPSを避難させ、とっても無骨で、淋しい状況になっています。



20131006_114314[1]_convert_20131023000522


スポンサーサイト

PageTop

水槽状況

どうも、旦那です。

現在の水槽景色


石灰藻もいっぱい付いちゃってます





DCポンプ発売したのは良いけれど、旦那がず~~~~~っと待っていたDC-12000が    なんと発売未定ですって

なんで?
まだサンプも出来上がっていないからまぁ許せるけどねぇ・・・

あっ、写真右上の我が家の隔離ケースは30cm水槽で飼育していたLPSが色抜けしてしまったので非難させて、ただ今色揚げしているところです。我が家の30cm水槽は夏場も密室しかもクーラー無しで飼育しています。本当に色が抜けて透明になっちゃうんですよね・・・(水温32度超える日が数日続くとなりますね)こういう中でもクサビラは強いです。最後まで30cm水槽で耐えてくれました。でも、色抜けが未だ治りませんね。色抜けまえは濃いグリーンでした。
DSC00311.jpg
こっちの方が好みですが危ない雰囲気ですね・・・
いずれ、戻るでしょうね。そしたらまた、来年色抜いちゃおう

もう一個体
DSC00312.jpg
こちらは高水温でもほとんど変化なし!タフな奴です。

両個体とも水槽内で出てきたやつです。



最後に隔離水槽
DSC00295.jpg
オージー産アザミハナガタは完全に色戻りしました。奥にあるカクがまだイマイチ色戻りしてませんが、次回の水替えの時に全部30cm水槽に戻す予定です。
色戻りのさせかたは・・・

PageTop

AMP水槽

旦那です


AMP水槽、いまだ手つかずです。ハイ




とある日、カリスマ店員さんと話していたところ「もっと個性を出したい、オリジナル商品を色々出そうかと思っているんですよ~」「どんな物を?」訪ねると
へ~、できたら教えてね!なんていう会話をしてました。

そう言えば、Reef Builder Japanでちょーかっこいいサンプが出ていました。でも、これと似たもんどっかでみたような・・・

当方、今回の水槽は心残りの無い水槽にしたいと考えていました。その、第一がサンプです
来客があった時にも恥ずかしくないサンプというのがテーマの一つでした
サンプって男心をくすぐりませんか?機械フェチではありませんが、プロテインスキマーのモコモコ、塩ビ配管、それに付属しているバルブやボール・・・
人に何時見られてもいいように清潔に保っておきたいので(居間に設置してあるせいですね)

心残りの無い水槽第二段はプロテインスキマー
心機一転大奮発 しちゃいました
泣く子も黙る???
あのあのあの

Royal Exclusio Bubble King250


DSC00252.jpg
こんな立派な袋に入ってました




開けると    
DSC00251.jpg





話は変わりますが
nekoさんの真似をしてGoogle Sketchを使ってサンプ設計しましたよ。毎日、毎日。
でもなんかパッとしませんでした。そんな時あの、カリスマ店員の言葉が・・・

思い立ったらすぐ行動!

サンプ頼んじゃいました

金額は・・・・・・・

でも、「ちょ~かっこいいサンプ」
が出来上がると思います(あくまでも私の主観です)

出来上がりは一か月半くらいかな?

う~~~~~~んアクアテンションちょっと上がってきたかも


俺海さんに譲ってもらったKDA-500とATIのT5

これで今度の水槽システムはあれしかないでしょう


SHOP neko常連にしてくださ~い


PageTop

ご無沙汰です

ちは!
なが~い間ご無沙汰しちゃってます。

アクアまだ続けてますよ!
近況報告ですが水槽はあまり面倒がみられず数体お亡くなりに(ToT)

我が家の看板生体であったクイーン
内蔵疾患でした

ベントラ
丸々3年ちょっと、恐らく寿命でしょう。段々と食が細くなって…

インディアン
ある日突然、MP10に巻き込まれていて時既に遅し…でした

トゲアシガニ
脱皮だと思っていたら本体でした

スカンクシュリンプ
死のダイビング!愛犬MOANAが干からびたスカンクを見つけてくれました

SPS
ツツハナ3個体
スギ系
RTN発症

以上が60センチ水槽です(ToT)

買い足した生体は有りません。


続きまして30センチ水槽

唯一、我が家の水槽自慢話ですがこの水槽設置してからクーラーを付けたことがありません。昼は部屋のクーラー無しの密室状態!
今まで、高温で死んだ生体は記憶している限り0だと思います。
が今年はちょっと違いました。7月のとある日、ハタゴイソギンチャクが設置当初からいるナンヨウハギを喰っちゃいました。神さんと娘が
『ハタゴ出しちゃえ!』
と、仰るので私としては大変偲びなかったのですが、ここは『家族の理解がないと続かない趣味』ですから…
速攻で出すことにしました。30センチ水槽にはだいぶ大きくなっちゃっていたので、悩んでいたので実は丁度良かったです(^^)d
水槽内がスッキリしたので、我が家でブリードしたカクレクマノミの赤ちゃん達を親の元へ還すことにしました。果たして上手くやってくれるか心配でしたが…
やはり、弱い個体は虐められたりして餌も食べらずやがて…自然の摂理だから可愛そうでしたがそのまま様子を見ていました。1匹、2匹と減っていきましたね。やがて、落ち着きました。
1か月位すると、設置当初からペアで飼っていたカクレクマノミのオスが見当たりません。赤ちゃんまで産ませた親が…探したけれど見当たりません。ある日、我が家の愛犬MOANAが水槽裏にいた干からびた大小2匹のカクレクマノミを取り出してくれました。まさか、クマノミがダイビングするとは全く考えてませんでしたね(--;)
蓋はしてあったのですが、隙間から…
LPSは高温で色抜けしたので60センチ水槽に一時避難させました。








PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。